« 2006年2月 | トップページ

2006年3月27日 (月)

学校はひとまず保留

学校はひとまず保留

http://oxford.jugem.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

どっちも捨てがたい。

そろそろ学校めぐりも飽きてきたので(笑

この辺で学校巡りは終わらせようと思います。

私に合う学校は今の所、リンガフォンかLADOか、というところです。

考えてみると、どちらもレッスン受けてない・・・。

ということで体験レッスンしてきました。♪

リンガフォン 新宿本校

 夕方6時からリチャードの授業でした。

 はっきり言って、おもろかった。

 人気の先生なので10人フルで入ってました。

 トピックが決められているだけで

 テキストはなし。
 
 内容はイントロデュースやwilでした。

 80分続けてやりましたが楽しかったです♪

 気をつけるポイントを教えてくれたのでためになりました。

 今は丁度春休みなのでロビーには学生が多かったです。

 どちらかというと私は横浜の方が好きかしら。

 その後、別の事務所へ移動し

 教材を見せてもらいました。
 (すでにジュニア譲ってもらっちゃってたりする)

 ここの教材はとってもよく考えられているので

 本当におすすめです。

 これだけでもやる価値ありますよ。

 契約したかったけど

 ここはグっとがまん。 

 習いたいと思ったら早くしたほうがいいですよって言いますが

 焦って早まってキャンセルするほうがつらいのです。

LADO 新宿校

 新宿校は銀座校より少し広め。

 銀座が静かだった分、生徒が多く感じました。

 やはりここも夕方は学生が多いそうですが

 あまりごちゃごちゃした雰囲気はありません。

 環境がいいのと、漂う”気”も違うよう。

 カウンターの方たちの感じもよかったです。

 GB15 Gregのレッスンを受けました。

 人数はフルで6名。

 テキストを使います。

 先生はとてもゆっくり話してくれます。

 普段省略して適当にしてしまっている

 wordがよくわかりました。

 言ってることは100%わかるのに

 ちゃんと口から出てこないのは

 腕立て伏せと一緒だと思う。

 いきなり100回なんかできないけど

 毎日コツコツやっているといずれ苦じゃなくなる、

 みたいな。

 なぜかというと、

 Rの発音、これ、言うのに1週間以上かかりました。

 毎日Rを言うのですが、どうがんばってもダメ。

 ある日突然、「それだよ!!」

 ってできるようになりました。

 その時は自分でもどこがどう違うのかわからなかったのですが。

 コツがありました。

 覚えたいフレーズは何度も何度も口鳴らししていると

 絶対言える様になります。

 私に道端で合って独り言を言ってても

 気にしないでください(*´・ω・)アイハヴァペン

 50分+50分でしたが割と早く感じました。

 今日も為になっちゃった。

 先日断った時に電話で説明してくれた担当の方にいろいろと伺い、

 LADOの良さが隅々までわかりました。

 キャンセルしたままだったらわからなかったことたくさんあります。

 勧誘の悪い噂ばかりが取り沙汰されていますが

 これは本当に見直すべき。

 もし私が通うのを決めたら全部言っちゃお。

 今日説明してくれた方はマネージャー。

 普通は担当カウンセラーはしていないのですが

 希望したらなってくれるようです。

 ここではあまり担当は重視しなくてもいいみたい。

 ヘルプデスクでは先生に、

 勉強方法はスーパーバイザーに相談できるし

 慣れると友達もできるので担当の出番はほとんどないみたい。

 私)集中力がいつまで続くか分からないので
   怠けてきたらおしり叩いて下さいね!

 担)ご希望であればそのようにいたしますよ!(笑)

ということで

学校説明を受けて感じたとおり

どっちにもいい点があります。

9割決めていますが

あとは時間数の検討だけもう少ししてみるつもりです。

どっちにしても

みんなよくあんなに高いお金払えるな~なんて思います。

(*´・д・)(・д・`*)ネ-

宝くじ買わなくちゃぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

ELSランゲージセンター

英語を第二言語とする人々が、「読む・書く・聞く・話す」の総合英語力を短期集中で養成する

ELSランゲージセンターJAPAN。

卒業後(109まで9ヶ月で卒業できる。レベルは自動的に上がるらしい)は

提携している大学へTOFELの受験なしで入れるので、

留学する前の語学習得を目的としている人

または

職場での即戦力、転職の為のスキルアップ

に最適な短期集中英語学校です。

ちなみにベルリッツグループ。

コースは主に

全日制、1日6時間という

頭痛がしそうなくらいハードなコース。

他にもコースはありますが

どれも1日3時間か6時間です。

かなり雰囲気のいい、おしゃれな学校でした。

体験レッスンはそれ用に特別開催されます。

今日は6名でした。

レッスンの前に学校説明があります。

おねーさんはフレンドリーでナイスルッキング☆

レベルチェックなしでみんなまとめて受けます。

先生はわかりやすくてよかったです。

でも残念なのは、現在は教えていない先生だということ。

50分(だったかな?)、けっこうもりだくの内容でした。

まずは自己紹介

HOWの使い方

THE COIN を読んでQ&A

など。

ずっと同じ人と話すのではなく、相手は変則的です。

けっこうみなさん先生の言ってる事わかるらしかった。

まったく英語が分からない(聞けない、話せない)人には向かないかも。

相当の気合と決意があればOK☆

授業終了後、個別に学校システムの詳しい説明がありますが

90分くらいかかるので後日予約をして帰りました。

この日は勧誘は特にありませんでした。

*私には合いそうにないと思ったので、予約はキャンセルしました。

1日6時間と集中して学べるので

もしかしたら3ヵ月後にはペラペ~ラかも♪

なんて期待が膨らみましたが

そんなことないです。

へたすりゃ

1週間後、止めてるかも。

英語は集中してやらないとだめだ、

とか言う人もいます。

確かに、そんな気ぃはします。

でもよ~く考えてみると、

1日6時間、週5日も

続けられますぅ?

毎日宿題があります。

できなくても先に進みます。

なので、相当切羽詰った状態でないと

難しいかも。苦しいかも。つらいかもぉ。

私、そんなお勉強好きじゃないので。。。

勉強するのが好きな人

学校が好きな人

トライイット☆

ターゲットが

米国大学・米国大学院への進学を目指す方。

外資系企業への就・転職を目指す方。

という通り

リーディングとライティングは確実に伸びそうです。

相当やりますから。

残念ながら、

綺麗な英語を話したい

流暢に話したい、

学校嫌い

マイペース

な私には不向きでしょう。 ぷぷ

ちなみに全日制2ヶ月53マンエン

説明のおねーさんは

学校で英語の勉強をかなりしたそうです。

いざアメリカ留学が決まり

話してみるとまったく話せない。

なのでELSで英語を学んである程度話せるようになってから

アメリカの大学へ行きました。

綺麗な英語を話していましたが

ELSだけでそうなったわけではないこと

お忘れなく。

合う人にはいい学校です♪

ELSランゲージセンター
http://www.els-japan.co.jp/

http://www.atom21.co.jp/okusama/Learning%20English(2005.05renew).html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

うちでだめなら英語は諦めてください。

で有名な、麻布十番の『コペル』。

駅にポスターがありました。

ここに通えば6ヶ月で話せるようになるそうです。

「話せる」

と聞くと

流暢に話せるようになる

と思いがちですが

一言で話せるといってもぴんきりです。

英語話せないんだよねー

というと

話せるじゃん?

と言われます。

そういう感じ(わかるぅ?)

なので、過大期待しないこと。

他力本願、受け身では

どこの学校へ行っても同じです。

ここはお月謝制なのがいい!

趣味で英語をやる方にもおすすめ。

なんてったって、先生がかっこよくってやさしい☆

細かな表現を教えてくれるので

ある程度話せる方が

疑問点を解決するために行くのにもいい。

まったく話せない人も

かっこいい先生に教えてもらえるので

伸びはいいかも。

あと、目標を持って計画を立て

しっかりと独学している方にもおすすめします。

私が受けた授業では、まずCDを聴いて

そのテキストを使って

自分にあてはめて

隣の人とロールプレイしました。

疑問点はすぐに解決するし

ポイント、使える英語を教えてくれるので

授業はよかったです。

ただ、まったく話せない人はきついかもしれません。

おとなりさんと話すから。

せめて中1の英語くらいわかるまではどの学校へ行ってもきついんじゃないかな。

そういう人が学校を探すことってないと思いますが。。。

当日は、私の他に体験が2名、今日からというのが1名

授業人数は計6名でした。

(1名、英語が伸びないことを先生に相談してましたが、これは本人のやる気次第なの。先生や教室のせいじゃないです)

サイトを見るとすごく熱くて自信にあふれていて

今にも血管が破裂しそうな文章ですが

意外にも控え目で紳士的な先生でした。

ほんまかっこええ(∇〃)。o〇○ポワーン♪

外資系の雰囲気満載です。

これからメディアに出ちゃうと

定員に達し入会できなくなることもそう遠くないかも。 

近くだったら、通いたなぁ。。。

先生、結婚してるけどね☆

*mixiコミュあり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LADO銀座校

言語学の国際的権威

ロバートラド博士の意思を最大限に実践する場。LADO日本校

ここは先生の質が高いとの評判です。

コミュニケーションだけでなく

文法もライティングも発音もきっちりやります。

お勉強しますっ!!

と額の血管が浮いた人向け。

送られてきたパンフレットにはラド博士の顔がデーン。

その含み笑いは、何?

平日の昼間、銀座校に見学に行ってきました。

担当は、日本語ぺらぺらの

ウィッキーさんちっくな

なまりのあるサウスアメリカン(だっけな)。

まず学校のことを事細かく説明されます。

・・・そんなのいいですから。

教室を一通り見て奥のスペースへ移動し

詳しい内容を聞かされます。

結論から言うと、システムはなかなかいいです。

聞く話すだけでなく、文法もヒアリングも

すべてをバランスよく学べる。

授業は50分+50分と効率がいい。

最初の50分でやったことを後半50分で実践する(らしい)ので

頭に入りやすい。

先生になるにはたくさんの条件があるので

かなり質がいい(らしい)。

授業は取り放題。

 といってもレベル別にスケジュールがあるので
 この中で取り放題ということである。
 一度受けたクラスでもまた受けられるのはいい。

発音クラスがある。(これ重要と思うんだけど)

ロビートークという、先生とチャットする時間もある。

 生徒10人前後+先生。週に2回くらい?

わからないことがあれば、カウンセリングシートに内容を書いて出せば

個別にアドバイスがもらえる。

 でも時間などはこちらから指定ができないので
 学校の指定される時間を待たなければならない。
 先生の指名もできない。

ヘルプデスクというところでも、ちょっとしたことなら聞ける。

自習室もある。

話を聞く限りでは、なかなか考えられているメソッドだと思うし、

テストもあるので、怠けてられません。

ただ話す機会がもっとあったらいいのになというところです。

レベルチェックは白人の男の先生。

絵を見て質問に答えていきます。

きちんと文法も組み立てて答えてください、とのこと。

先生は私が返答したことを書き写し

リスニング、スピーキング、返答のスピード、文法、理解力などなど

かゆいとこまでチェックします。

今まで一番、まともなレベルチェックだと思った。

のですが、

今までと違うこと言われたの。

 文法は最高

 ヒアリングはよくない

意外。

be動詞とか幼稚園レベルしか使ってないのに

これで文法問題ないとわ。

あくまでGBというレベルでの話ではありますが。

なんだか型にはめ過ぎてる気がしないでもない。

だからこそちゃんとわかるのかなぁ?

よーわかりません。

今までと違うのは確か。

希望の方は後日、体験クラスも受けられるそうです。
(でもこの担当者、教えてくれなかった。プン)

入校後の流れは、まずオリエンテーションというクラスが5回あります。

そこで自分のクラスが決定します。

今日のレベルチェックはほんの目安なので

レベル別けにも授業があるのはいいですね。

そんなこんなでいよいよお値段、という時。

契約書を出してきました。

え・・・。お値段わかりませんけど。

ここまでで2時間。

ここからさらに時間がかかり

なんだかいまいちよくわからないコースわけで

うぃっきーの言われるがまま、220時間のコースで

気がついたら契約書書いてました(爆)

 考えていいですか?

 いいですけど、早く始めたほうがいいですよ。
 悪いことしてるんじゃないから(??)
 英語は自分のスキルだからね。

そのオリエンテーションは一番早くて3日後。

もし入校したとしても、それから5回のオリエンテーションがあるので

本格的な授業に入るのは

10日後くらい?

 だから早く決めたほうがいいですよ。
 火曜日何時がいいですか?
 もしやめるなら月曜日電話ください。

GOOD LUCK☆

 あくしゅ。

契約したと言う実感はまったくなかったのですが

家に戻って調べると

LADOの勧誘についてよくない噂がかなりあり

改めて自分の控えを見ると、

サイン、してるよねぇ、、、

あかんやん!!ΣΣ( ̄ロ ̄lll) 

週明け早々新宿校にかけて

LADOの契約に関する責任者の方とお話しました。

説明があまりわかりにくかった旨を伝えると

電話でクーリングオフ扱いにしてくれました。
(入金してないから契約成立してないと思うのですが)

今までの学校は、学校説明をしてくださった方が

最後まで私の担当になる形でしたが

ここの学校説明の人は、なんとLADOの人ではないようです。

これ、かなり不安ですよ。

だから契約時と話が違う、という話が出てくるんですよー。

学校説明のとき、こちらはけっこう心を開くわけですよ。

こうなりたい、こうしたい、って素直に話すわけです。

それなのに、別の人が担当になると

また最初から話さなくてはならない。

距離感があるまま入校ということになるので

全力を尽くしてサポートします!

という他の学校のようにはいきません。

サポートってけっこう重要。

人間、いつまでも最初のやる気が続くわけではないですからねぇ。

その点、WEとリンガフォンは頼りがいありそう。

あれもこれも、言い出すときりがないですけどね!

システム自体は気に入りました。

総合的に伸びそうです。

契約時に聞いた話とちゃんと一致していれば、ね。

でもあの勧誘方法じゃ
(しつこいとかではなく
 外人に説明させているところが
 日本人の外国人コンプレックスを
 うまくついたとこだと思う)

入る気も失せます。

もったいないねぇ。。

もし見学にいく人は、日本人を希望したほうがいいですよ。

時間の無駄になりません。

それと体験授業もできるのでそれを受けてから決められるといいですね。

契約書を書いたことは自分でもびっくりしました。

日本人だったら絶対ないのに。

外人から説明を受ける、なんて今までなかったから

ペースに巻き込まれちゃった(*´σ∀`)ェヘヘ;

勉強になりました。

コースのことを新宿の責任者に相談すると

180時間でもできそうなので
(ちなみに220時間、昼間コースで56マン)

新宿へ体験に行くかも。

でも、

下のクラスから入ってきた人のTOEC点数と

最初からそのクラスの人のTOECの点数に

あまりに違いがあるのには驚きました。
(後者の方がずっと高い)

結局は、どこに行っても

自分で勉強することが一番大切です。

ただ授業を消費しても身につかなればどこに行っても同じです。

ここを出たのは3時間後。

次に予約していた『英語で考える学院』

流れました・・・。

。゚(゚´Д`゚)゚。エーン

LADO
http://www.lado.ne.jp/

参考
http://www5a.biglobe.ne.jp/~vahoo/sc-lado.html

パンフレット取り寄せたら音楽ギフトカード1000円入ってた。
こんなとこにお金かけるなら生徒に還元してよね!!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年3月 5日 (日)

リンガフォン横浜校

リンガフォンと言えば教材が有名ですが

最近の人は知らない人が多いのね。

口コミサイトでの評判がよかったので

行ってみました。

駅から5分くらいのオフィスビルの一室。

雰囲気はまずまずというところ。

教室はまるで幼稚園のような手作りの装飾。

セサミストリートが上手でした。

メンバースペースという

ビデオを見たり新聞を読んだりする場所があるのですが、

ここで私は

「日本ぢゃないみたい」

という感覚に陥りました。

日本にいながらワーホリにきてるみたいな感じ。

同じ匂いがするっていうの?

ゴールドコーストでよく見かけるいでたちの男の子が

英語をしゃべっていたからかなぁ。

「マップツアー」や「日豪プレス」の感じ、

と言えば行った人にはわかると思います。

 この後、入会説明をしている私達のとなりのブースから
 「オーストラリアに1年いたんですよ」
 という声が聞こえてきました。
 もしかしてワーホリ君はリンガフォンに多いのかしら。

担当の女性は留学の経験があり

苦労して英語を習得したクチなので

私達の気持ちがよくわかるし

何かと頼りになりそうです。

そんなこんなで話がはずみ

気がつくと4時間も話していました。

また晩ご飯抜きや~゚(゚ノД`゚)゚。 ゎー

レベルチェックの先生はchineseっぽい女の先生。

うぁ、ますますここってばGCっぽーーい。

GCはいろんな人種がいるのです。

レベルチェックの内容は、

自己紹介をしつつ、先生と軽く世間話をしつつ、、、

あれ、何したっけ?

とにかく、

発音はGOOD。でも文法、むちゃくちゃ

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽ

よってイントロ星2つ。

ショボン

噂のリンガフォンの教材って、世界で使われているのご存知でしたぁ?

「言語学の権威が英知を終結し語学教育プログラムを生み出しています」

すごい。

血管浮いてますよ。

なんせ歴史は100年以上。

学者や有名人の愛用者も多い。

それぞれの国民性に合わせて作られているんだってぇ。

教材の内容はドラマ形式で

楽しく続けられる構成です。

この教材だけでも価値ありそう。

担当の方がカナダで日本語を教えていたとき

5ヶ国語を自由にあやつる男の子がいた。

その子に、なんでそんなにいろいろしゃべれるの?

と聞くと

そんなの簡単だよ!

『言葉はみんな一緒なんだよ』

この一言に衝撃を受けたそうです。

日本語も英語もフランス語もドイツ語も

みんな同じ言葉。

コツも一緒。

ま、そうだけどさっ

私達は以下の順序を経て言葉を習得していくといいます。

 1.聞く

 2.話す

 3.読む

 4.書く

確かに小さい頃、この順序で日本語を覚えて行ったよねぇ。

リンガフォンではこの「聞く」と「話す」に

重点を置いているんだって。

教科書よりしゃべってなんぼと思う私にぴったり☆

日本人は逆から責めるから読み書きは得意なんですよ。

私の友達のイスリーなんて

透視力が必要なほど

ひどいメールがきます。

でも日本人よりずぅっと理解できるし話せます。

難しい文法は、この2つができてからきちんと攻めていくほうが

覚えやすいんじゃないかな。
(私はね)

リンガフォンのいいとこ

 学校には好きなだけ通える

 授業時間は効率的な40分+40分

 私の苦手なアウトプットが豊富

 先生もよさそう。

 授業以外でもメンバーズスペースで先生と話せる

 文法とかわからないところがあればここで聞ける

 クラスは自分が興味あるトピックを選べるので頭に入りやすい

 月1だけど先生から直接カウンセリングがある

 担当者も頼りになる

 教材が優秀

 周りにがんばってる人がいるのでモチベーションが保てそう
 そして楽しそう♪

教材を含まないコースで40マン・・・

先生はネイティブも日本人もいるので

文法の細かいニュアンスが聞けるのもいいですね。

ここいいかも!!

実践派の私に合いそうです゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!

http://www.linguaphone-west.com/koko/index.html
http://www.linguaphone-london.com/

噂ではキャッチがすごいそうですが

中身はなかなかいいですよ。

英会話学校ってどこも勧誘がありますが

最近はいい学校でもそうだから

もったいないなぁと思います。

依頼する会社は選んだほうがいいですよ!リンガフォンさん。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

T.I.E外語学院

英語は英語で考える

というT.I.EメソッドのT.I.E外語学院。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4893611313/juicyhoney22/ref=nosim/

「アメリカの子供はどう英語を覚えるか」

という書籍を以前読んだことがあります。

子供の語学習得こそ真の早道だと思っている私にぴったりの理論。

だって、英語は勉強ぢゃないよね。

T.I.E外語学院横浜校へ見学に行って来ました。

そこは、マンションの一室。

ぢゅ、塾ですか?

私が訪問した時は、5,6人机に向かって

自習?してました。

マンツーマンじゃなくて?

先生は1人、別の机で待機しています。

自習をしてそれを確認してもらいにいってる感じでしょうか。

机は個別ではなく、長ーい机。

なんか、気散りそう。

静かだ・・・。

宣伝とか一切していないので余計な部分にお金をかけておらず

手作り感満載です。

説明をしてくださった方は、おされなお水系のおねいさん。

話すとキリリとした印象を受けました。

頼りになりそうです。

さて、

みなさんは、bookという単語を思い出すとき、

何を思い出しますか?

私達はそのスペル「BOOK」や「本」と頭に浮かびます。

しかしネイティブは、

ビジュアルが浮かびます。

この違いを修正していくんですね。

これを英語を英語で考えるという仕組みです。

こうすると、とても簡単に言葉が出てきます。

試しに

単語を10個ほど羅列したものを、2回リピートして覚えます。

すると、たいてい2,3個しか答えられません。

次に単語をスペルからではなく、1枚のつながった絵で覚えます。
(例えばtreeにletterがなっていて1つだけumbleraがぶら下がっていてその横にはpigがいてhatをかぶっている、とか)

こうすると、みごとすべての単語が言えてしまいました。

すご。

どっかの記憶術みたいだねぇ。

プログラムの進め方は

まずフラッシュカードという

絵の書いたカードで単語を覚えていくそうです。

それが終わったら幼児の辞書を使います。

これ、私も必要だと思ってたんですよ!

子供用だとあなどってはいけない。

簡単な言葉で説明しているので

とってもわかりやすいのです。

オックスフォードの英英辞典なんて

つまんないんだもん!

そして、学院手作りの

絵に描いた日常生活を(例えば改札を通るとか)

言えるようにしていきます。

これは生れてから死ぬまでの会話が一通り載ってます。
(これもいい)

その後テキストを使っていきます。

このように順序を経て習得していくと

あら不思議、

英語で考えちゃってるよ、おいら

という現象が

起こる、のかな?

はっきり言って気に入りました。

理論的にとても筋の通った順序を踏んでいて

これは私が思っていた

英語習得の理想の考えだと思いました。

まさに私が思っていた方法がここにはあったんです!

これを小学校や中学校で取り入れれば

サイコーなのになぁ。

日本の教育を変えるべくがんばっていただきたいなぁ。

日本では言語の基盤をやらずに、文法だスペルだのをやるので

話せないのです。

逆に基礎があれば

誰でもしゃべれます。

そんなの誰でも知ってるのにね。

教育がなかなか変わらないのは

方針を変えるとつぶれる企業があるからでしょうか。

話が反れましたが

説明してくれた女性は、以前ここの生徒だったそうなんですね。

つい突っ込んでみました。

「ここに来る前は話せたんですか?」
「私は元々塾の講師だったんですよ。英語を教えていました。でも話せなかったんです。」

うちの兄と同じやん・・・。

この方がここのプログラムを終えたのは、1年だそう。

机の上では高得点の彼女が1年。

机の上での勉強をしていない私は、、、どうなのかな。

逆に文法が完璧じゃない分

彼女よりも早いのかもしれない

という期待もできますが。

このプログラムをきちんとやれば

なんなく話せるようになるのは想像がつきます。

でも、

これをやらなくても英語が話せる人も、

いるよね?

なんで?

もう少し考えてみよう。

授業料は回数と時間によって分かれていますが

私が受けようと思った1回2時間/100回コースalldayで

30ちょいでした。

もし私に時間があればここにしたかもしれません。

もし私の子供がやりたいと言ったら

ここに連れて来るでしょう。

今の私に合うかと言うと、、、

そこまで基盤を作る必要があるのかしら。

正直、使い慣れたまたは聞き慣れた英語なら

日本語を介さずとも出てきている気がするし。
(いや、正確には時間をかけずとも、なのかも)

ここは予約なしでこれます。

近くにきたからちょっと寄ってみた

というのもアリなので

忙しい社会人にぴったり。

でも、モチベーションを保てないと

続けるのが難しくなることもあるかもしれません。

その辺はこのおねいさんがサポートしてくれるのかどうか

聞くの忘れてた。

でもね、

「ここでは生徒さんの方がおしゃべりなんですよ」

とおっしゃる通り、

マンツーマンでチェックを受けているとなりのブースからは

生徒さんの声が聞こえていました。

長い文章話してましたよ。

内容までわかりませんでしたが。

ボブ(校長・日本人)の本もらっちゃった。

読んでみようっと。

T.I..E外語学院
http://www.tie-gaigo.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

自由が丘の会員制英会話クラブ

上達の早道!月額21,000円でレッスン受け放題!

 少しでも多く英語に浸る時間を持つこと、
 英語主体で生活する時間を過ごすことが、
 英会話習得への何よりの近道です。
 「月々の受講回数が無制限」という利点をフルに活かして
 “英語漬け”の時間をお過ごし下さい。

通い放題、お月謝で、21000円。

普通、半年前払いというのはあるけど(それでも安い)

月謝というのは魅力。

いつでも止められます。

ただ今回は短期スキルアップをめざしているので質重視。

この価格だと先生・授業の質は期待できないだろうけど

近いので潜入開始。

場所は自由が丘エディーヴァウァーの上です。ピーコック近く。

スポーツプレックスは会員制のスポーツクラブです。

「THE ENGLISH CLUB」はジムと同じフロアの1室でした。

まずレベルチェックをします。

Blackのおちゃめな先生。

まず先生の質問に答えて、今度は私が先生に質問します。

5分くらいで終わり。

そしてカウンターに行って

パンフレットいただけますか? はい。

カウンターのお姉さんが

入会案内、スケジュール、クラスの説明の

計3枚のコピー用紙をくれました。

ほよ。

手作り感満載なんすけど。

特にスクール説明とかないし、

こっちから質問しないとわからない、というか慣れてないっぽい。

勧誘なんて一切ない。

「体験では50分のクラスを2時間取れますがどうしますか?」

1時間後に丁度私のレベルクラスがあったので受けました。

クラスに行くと、、、

そこには4人のおばたんがいました。

|-`)

授業の内容は、まぁなんというか、

たあいもない話、をしてました。

スケジュールには、今日はリスニングと書いてあるのですが

少しテープを聴いて、あとはディスカッションをしただけ。

答えるほうは、単語を羅列。

特に先生(ネイティブ)は、こう言うといいよ、なんても言わない。

発音を直したりもしない。

日本語使い放題。

って先生も日本語つこてるし!!

バイトすか?

TV番組や好きな俳優とかだったので授業自体はつまらなくはなかったですけど・・・

趣旨が違いました。

学校じゃないです。クラブですから。

時間を持て余しているお気楽な主婦、

定年退職者のひまつぶしにピッタリ☆

クラスは週6日、1日50分レッスンが2回続けてあるから

全部行くと、1レッスン500円以下。

毎日通って、の話ですけどね。

ということで、

ここはどこにでもある趣味のスクールです。あ、クラブか。

やっぱり自由が丘にはいい英会話スクールはないみたい。

じゃ、次。

リンガフォンとTIEへ続く。

ジムはよさそうです。
繁盛してました。

スポーツプレックス
http://www.sp-j.net/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年2月 | トップページ